スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





債券の金利差に注意するポイント


債券は一般の借用書とは大きく異なりますので、不特定の人に
対して発行します。その総額は数十億円から、国債にいたって
は数兆円という金額にもなります。



多くの人に対して発行しますから、当然のことながら銀行や生命
保険会社
などの金融機関も購入することになります。



資金運用の専門家たちは、購入する額も何億、何十億、場合に
よってはそれ以上であることも少なくありません。



こうしたことから、その時々の金融情勢にかなった条件を債券購入
のきっかけにするために、細かい金利を要求し、少しでも良い条件
が得られることを望むわけです。



ほんの0.010%の違いで年間にすると何千万円という違いが出る
ことも決してめずらしい話ではございません。金融の世界では、
小数点以下3桁の表示をするのが原則となっています。



このため極めて細かい条件でお金の借入金利が決められている
ことになり、債券には基本的に利礼(クーポン)といわれるものが
ついており、半年ごとに一回、利子がもらえます。



その利率は満期償還まで変わらず一定なので、債券は確定利付
き証券といった、よばれ方をし、表面利率、利率、クーポンレート
などと、よばれ方もそれぞれちがいますが同じ意味です。


これは額面金額に対する1年分の利子が%で表示されます。


たとえば、額面金額100万円につき1年間に2万円の利子が支払
われる場合は、表面利率2%という形になります。確定利付き証券
ということばになれることが債券を理解するポイントです。


【格安手数料】 個人向け国債はSBI証券におまかせ!



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合
も、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





スポンサーサイト

テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 満期償還

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。