スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





金融商品への投資はしばらく控えましょう

テレビのCMではありませんが、保険が万一のために備えて行なわれるのであれば、貯蓄・投資による
資産運用の目的は、将来の生活のためです。 このため資産を目減りさせないのが大前提です。


実際に多くの方々が老後の生活のために資産運用を行なっていますが、将来を不安なく過すために、
無駄な保険料よりも貯蓄・投資に回そうとする動きが広がっています。


実際に資産運用を行なうにあたり一番重要なのが目的です。 なぜなら、明確な目的がないために独身
にも関わらず貯蓄のつもりで、勧められるままに生命保険に加入したり、また、必要のない商品を購入
してしまうことで無駄な保険料を支払うことになってしまうからです。


資産運用も基本的には同じなんです。具体的に将来的にいくらくらい必要になるのかということを予測し、
そこから逆算して貯蓄に回したり、投資に回したりする必要があります。


資産運用を行なううえでしっかりとした目的がないと、意味もなく高利回りが得られる商品を購入し、逆に
損失を被るなんてことにもなりかねませんので、十分注意が必要です。


目的が決まれば、資産を分割して、投資に回します。 一つの金融商品に全てを投入してはなりません。
万が一の時に身動きがとれなくなり、最悪の場合は、大事 な資産を大きく減らすことになりますので、
必ず時期をずらすなり、他商品に分散して投資することを心がけてください。


今現在、世界中の金融市場は金融危機から立ち直ったように見えるかもしれませんが、実際にはそんな
ことはありません。出口戦略といっても本当の意味での出口は今だに見えてこない状態にあります。


こうした状況下で資産運用のためにやFXを取引するのは、あまりにも危険すぎます。再び金融危機が
訪れる可能性が高いので、金融商品への投資はしばらく様子をみられると良いでしょう。





スポンサーサイト

テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 金融商品

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。