スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





債券の取引について



【個人向け国債が分る資産運用入門】


債券の相場情報は、やはりニュースからが主流となり、ロイターを
はじめ、ブルームバーグ、日本経済新聞からよりすぐりの情報を一
早く入手することができます。


一般の個人投資家だけではなく、機関投資家はこうしたニュースを
ディーリングでフル活用するので、専用端末を所持しています。


ちなみにディーリングとは、簡単にいいますと自己売買といって、
有価証券の売買を会社の資金でおこないます。


当然のことながら、一般の個人投資家は債券市場で直接債券の売買
を行なうことができません。


これは、株式の売買を一般の投資家が証券取引所で行なえないのと
一緒で、かならず証券会社を通した相対取引となります。



もっとも、債券は、東京、大阪、名古屋の3つの取引所でも上場され
ておりますが、実際に取引される額は少ないです。



ですので、取引所での役割は、月末や期末に値段を付けるために
あるようなもので、保有している債券の値洗いを行ないます。



そうした適切な価格を評価するための機関であることから値付け
市場として利用されております。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※個人向け国債への投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

個人向け国債へ 投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示
情報をご確認ください。 個人向け国債に関する文章の誤字、誤配信を
含め、いかなる場合も、責任を負いませんのでご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





スポンサーサイト

バブルの二の舞



【個人向け国債が分る資産運用入門】


今現在、日本経済が概ね好調であることから一部ではカネ余り状態に
あるとささやかれております。



事実、大手のみならず中小金融機関も様々な金融商品に手を出しており、
サブプライム絡みの商品もその中に含まれているといわれています。



こうしたことから、米サブプライム問題による金融市場の信用不安に
対して国内の金融機関は神経をすり減らす状態にあると思ます。



そして、これまでの地銀の不良債権比率は地方景気の低迷を映している
ことから、平均で依然4%と高めの水準にあります。



繰り返しになりますが、米サブプライムローンへの投資に焦げ付きが出た
場合のダメージはかなりのものになると思います。



数年前は地銀・第二地銀・信金などの再編が加速するといわれながらも、
景気回復でいつの間にかなくなってしまったようです。



しかし、今後サブプライム問題の行方次第では再び再編の動きが再加速
してくる可能性もあるように思われます。



金利変動により、国債や社債などの債券にも大きく影響しますので、
こうした動きを常に注視する必要がございます。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※個人向け国債への投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

個人向け国債へ 投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示
情報をご確認ください。 個人向け国債に関する文章の誤字、誤配信を
含め、いかなる場合も、責任を負いませんのでご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





東京債券市場、長期金利が大幅下落


【個人向け国債が分る資産運用入門】


先週末の米国株式市場はサブライム問題の拡大を受けて、大幅下落
したあおりから、東京株式市場の大幅下落しました。



こうしたことを受けて、6日の東京債券市場は、金融商品の中でも低
リスクである国債に資金をシフトする動きが強まりました。


長期金利は大幅に下落し、一方の債券価格は上昇しております。


指標となる新発10年物国債の利回りは、一時的ではりますが、前週末
終値比0.055ポイント低い1.73%と、2カ月ぶりの水準となりました。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※個人向け国債への投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

個人向け国債へ 投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報
をご確認ください。 個人向け国債に関する文章の誤字、誤配信を含め、いか
なる場合も、利用者 の損害について、責任を負いませんのでご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





tag : 債券 金利 国債

長期金利1.8%中心に



【個人向け国債が分る資産運用入門】


市場では、今現在8月の債券市場で長期金利は1.8%を基軸として
推移することが予想されているもようです。



日銀による第三次追加利上げが行われた場合に、短中期ゾーンで
水準訂正による売りが見込まれます。



しかし、その場合、長期ゾーンにおいて、押し目買いを模索する展開
となる可能性が高く、金利の上振れは回避されそうです。



しかし、新発10年国債の利回りについては、市場の思惑に振らされる
可能性が高く、利上げが実施されるかされないかによりまして、金利
は上下する見通しにあります。


市場では1.8%中心のレンジが意識されているもようです。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※個人向け国債への投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

個人向け国債へ 投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報
をご確認ください。 個人向け国債に関する文章の誤字、誤配信を含め、いか
なる場合も、利用者 の損害について、責任を負いませんのでご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。