スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





個人向け国債の安全性が高い理由

2003年に施行された新法により国債のペーパレス化が実際に進められたことにより、
個人向け国債の発行が可能となりました。個人向け国債は変動タイプ、固定タイプ
ともに非市場性国債であるため、個人以外には譲渡することができません。



実際に、個人向け国債は金融市場で流通されることがありません。しかし、解約する
場合は財務省が買い取る形で解約することができますので、意外に思われるかも知
れませんが個人向け国債の流動性はそれほど低くありません。



また、個人向け国債は国の保証がついている国債ですので、国内金融資産にあって
最も 安全性が高い金融商品です。 特に景気悪化にともなってデフレ化が進むことで
他の金融商品よりも安全性が際立ちます。



ちなみに従来の国債は買い付けにおいての最低額面金額は5万円でした。 ですので、
実際に国債を購入するためには最低でも5万円を用意しなければなりません。もしか
あひたら大きな数字ではないと思われるかもしれません。



しかし、初めて金融商品へ投資される初心者の方にとっては、かなりリスクが高いと思
います。一方、個人向け国債は1万円以上1万円単位で購入出来ます。



変動利付10年タイプの利息は、半年毎に実勢金利に応じて支払われる変動金利タイプ
となっております。 この場合の実勢金利とはほぼ10年国債の実勢利回りとなります。



そして、個人向け国債は個人向け国債の名の通り、個人の方でも安心して購入出来る
ように経済環境などにより実勢金利が下がった場合でも年率0.05%の最低金利保証が
設定されていますが、金利の上限はございません。





スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 財務省

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。