スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





個人向け国債の基本の基本について



個人向け国債は通常の国債とは異なります。大きく違う点は、個人と個人の間以外で受け
渡す事ができない、個人専用の国債となっています。個人としての人格がない、○○組合、
○○社団などといった団体・組織が購入することはできません。


個人向け国債の基本については以下の通りになります。



<最低価格について>


従来の国債は最低価格が5万円にせっていされています。しかし、個人向け国債は1万円
から1万円単位で購入出来るようなり、非常にお求めやすくなりました。



<種類について>


個人向け国債には利率は半年おきに計算され実勢金利応じて支払われる変動金利タイプの
10年満期のものと、利率が固定されている固定金利タイプの5年満期のものがございます。



<中途換金について>


基本的に変動金利タイプと、固定金利タイプともに中途換金することができます。まず、変動
金利タイプは発行から1年経てば、中途換金できますし、固定タイプは、発行から2年経てば、
手数料がかかりますが、政府が元本で買い取ってくれる形で中途換金できます。



<手数料について>


変動金利タイプの中途換金の手数料は、半年ごとに利払いされる2回分の利子相当額となり
ます。固定金利タイプの中途換金の手数料は、半年ごとに利払いされる4回分の利子相当額
となりますので、この点に関して注意する必要があります。


一方、販売手数料についてですが、これらは、購入者側の負担はなく、販売した金融機関に
対して、財務省が100円につき50銭の割合で支払います。



<リスクについて>


変動タイプ・固定タイプともに中途換金の際にも、政府が額面で買い取ってくれるため、価格
変動リスクがなくなります。そして、変動タイプ・固定タイプともに、年率0.05%の最低金利
保証が設定されます。上述した点を考慮した上で購入しましょう。





スポンサーサイト

テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 個人向け国債 国債

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。