スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





個人向け国債の安全資産としての魅力



基本的に個人向け国債は国が元本保証しています。


こういった金融商品の中では類を見ないほどリスクの低い商品です。しかし、リスク
が低いということはその分リターンも低いわけです。


いまだに日本は低金利に喘いでいる状態です。


預貯金金利よりは幾分割高に設定されていますが、投資信託や株式投資と比較すれば
個人向け国債の利回りは微々たるものかもしれません。


そして、中途換金が一定の期間できないといったマイナス面もあります。


ですので、こうした点も株式やFXなど外貨投資を行っている方からすれば個人向け
国債は魅力が薄いと感じるかもしれません。



しかし、実際に株式投資を行っている9割前後の投資家は、株式投資で利益がでて
いないといわれています。簡単そうで難しいのです。


特に3年以上に渡って利益を出せている投資家の数は実際に少ないのです。



また、FXでも億単位のお金を稼いでいながら脱税の罪に問われた方が続出しました。
こうした方々の中には、その次の年に億単位の損失を出してしまった方もいます。



こうした場合、外貨投資の場合は株式と異なり相殺することが出来ません。



しかしなgら、税金だけはしっかりと徴収されることになります。


結果的にはプラスどころか大きくマイナスとなってしまうわけです。



投資信託も同様で、ゼロになる可能性はありませんが、元本割れとなるリスク
は非常に高く、それはここ1年間の株式市場の動きを見て
いればお分かりいただけるかと思います。



ですので、個人向け国債の場合は利回りはたいしたことはありませんが、絶対
に減らないといった点が最大の武器かもしれません。





スポンサーサイト

テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 個人向け国債 金利

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。