スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





国債にはない個人向け国債の魅力とは?



ここにきて急速に原油高による原材料の高騰が進んでいます。


また、金融不安の拡大による欧州諸国のデフォルトリスクが高まっています。


そしたなか、新興国を中心にインフレ化が進み頭を悩ませています。


このため、個人向け国債をはじめとした債券への投資は厳しい局面を迎えていますが、
こうした状況が5年も10年も続くわけではありません。


大きなトレンドというのは大体長くても2年程度です。


金融市場全体が回復に向い、個人向け国債の条件が大きく改善されることが望まれます。


ですので、今回は個人向け国債の中途解約の仕組みについて解説させていただきます。


まず、個人向け国債がここまで人気化することができた要因の一つとして、中途解約
しても元本が維持される点で、これが一般的な国債との大きな違いです。



個人向け国債が市場に登場するまで、国債が個人投資家に敬遠されていたのは、債券
市場にて取引されるため国債の価格が変動するからです。


当然のことながら国債を途中で売却した際に、売却損が発生します。


こういった点に一般の投資家は拒否反応が強いことから一般に浸透しませんでした。


しかし、個人向け国債は解約できない一定の期間はある物の、それ以降は一定の手数料
を払い込むことによって、日本政府が額面で買い取る仕組みとなってます。


これにより、個人向け国債は預貯金に近い金融商品となりました。


そして、ついに一般に受け入れられることになったわけです。

「PR」 ダイニングテーブル 通販





スポンサーサイト

テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 個人向け国債

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。