スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





郵政民営化と個人向け国債の関係



個人向け国債が生まれた要因のひとつとして、実は郵政民営化の動きが
大きく影響しています。


郵政が民営化されるまで、いろいろと紆余曲折もありました。


郵便局にお金を預けることが貯金で、銀行に預けることを預金といいます。


また農協(JAバンク)、漁協(JFマリンバンク)に預ける際にも預金では
なく貯金といいます。


貯金はあくまでお金、特に小銭を貯める意味合いが強いです。


銀行で使われる預金は、お金をまさに預けておくことです。


預けるとなれば、それなりにまとまった額がイメージされます。


郵便局の郵便貯金は、国民がお金を貯めていくためにできたものともいえます。


郵便貯金がここまで拡大した背景には国が作ったものなので、安心して預けられ
るということがあったようです。


未時価で便利で安心、その上利子もそこそこ高いということで、国民はみな郵便局
でお金を貯めて、それが溜りに溜って200兆円もの規模になりました。





※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合も、利用者 の損害に
つきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください。

個人向け国債が分る!個人向け国債入門トップへ





コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。