スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





日本郵政の保険について


郵便局が民営化されたことで、個人向け国債よりも、簡保や、ゆうちょ
がどうなるのかといったことのほうが関心が高いと思います。


民営化前であれば、個人向け国債と同様に政府保証がつきます。


しかし、民営化後に契約した場合、生命保険契約者保護機構という他
の保険会社と同じ機構による補償となります。


ですので、責任準備金の90%までの保護にとどまります。


こうしたことから何に注意すればよいかといいますと、保険会社自体の
経営状態を把握した上で契約する必要があるということです。


でないと、保険会社が倒産した場合には痛手を被ることとなります。


しかし、現状からいって、ここ数年の間に、かんぽ生命保険の経営が
突然悪化することもないと思います。


日本郵政公社の民営化によるデメリットは、以前加入していた簡易保険
の保険金額の増額や特約の追加などの変更ができないことです。


反対に民営化によるメリットとしては、他の保険会社と同様に自動車保険
や変額年金保険のサービスが導入される可能性があります。


また、保険は、若い時期に加入するほど条件が良いです。


ですので、解約することはお勧めできません。


もし仮に補償が足りないと感じた場合は、解約して他の商品に乗り換える
のではなく、他の保険で補てんするのがおすすめです。






さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。