スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





個人向け国債の取扱い金融機関


個人向け国債は証券会社や銀行、郵便局で買うことができます。


しかし、当然取扱っていない金融機関もあり、さらに募集期間に
よって各金融機関の取扱額なども変化します。



ですので購入の際には募集開始前に、最寄りの金融機関に問い
合わせして確認した方が良いかと思います。



過去に、個人向け国債が注目されていた時代には大手証券会社
などでは事前にキャンペーンを張っていたところも多く、新規で申
し込む際には予約特典なども設けているところもございます。



また、募集が開始される前の新聞紙上の広告や、最寄の郵便局
の募集案内のポスターにも注意する必要がございます。



財務省によりますと、2007年4月1日現在の個人向け国債の取扱
機関数は合計で961にのぼるそうです。


このうち証券会社は野村證券、大和証券など96社。都市銀行は、
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行など5行です。



また、地方銀行、信託銀行、第二地方銀行、農林中央金庫、農業
共同組合、信用組合、信用金庫、労働金庫などでも取扱ってます。



もちろん、日本郵政でも販売していますが、個人的にはネットで
売買できる金融機関がおすすめです。


【格安手数料】 個人向け国債はSBI証券におまかせ!



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合
も、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。