スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





個人向け国債の口座開設について


個人向け国債を購入するにあたって、銀行や郵便局、証券会社
などの金融機関で口座を開設する必要がございます。



もちろん、すでに上述した金融機関で口座を持っている方は新た
に口座開設する必要はございません。



証券会社などで口座開設に必要なのは、印鑑および本人確認書
類(運転免許証、健康保険証など)などです。



金融機関によっては郵送でも受付けています(銀行では預金口座
以外に別途、債券の取引口座を開く必要がございます)



通常、郵送の場合には、申込書を送って約3営業日後に口座開設
が完了します。ちなみにこの場合の営業日というのは、金融機関
の窓口が開いている日で土日や祝日は除いた日のことです。


その後、約3日間で口座開設のご案内が自宅へ郵送されます。


もちん、直接窓口に行けばすぐに口座を開設することもできます。


購入者の年齢制限はありませんが、未成年の方が購入するには、
親御さんの同意がないと購入することができません。



口座開設後、個人向け国債の募集期間がきましたら、口座を開いた
支店に個人向け国債向け国債のための注文を行います。金融機関
によっては、インターネットで個人向け国債の注文ができます。


【格安手数料】 個人向け国債はSBI証券におまかせ!



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合
も、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 個人向け国債 金融商品

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。