スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





満期まで保有するのが基本とする理由


依然として、世界中の金融市場では、サブプライム問題関連や、
原油高などの影響により大きく混乱しております。



こうした、状況下ではリスク商品からより安全性の高い債券市場
の投資が活発化し、現に欧米ではそのような状況にあります。



一方、日本の場合は国債の利回りが低下していることから、個人
向け国債の人気は低下しています。



個人向け国債の5年固定タイプと10年変動タイプのどちらを選べ
ばよいのか迷うところだと思います。



個人向け国債の5年固定タイプと10年変動タイプでは、それぞれ
利子の決定方法から満期に至るまでが重要視されます。



途中解約もできますが、途中で換金してしまうことにより、手数料
や余計な経費がかかることとなります。



ですので、できれば満期まで購入した個人向け国債を保有し続け
たほうが良いですので、換金は万が一の時の保険のようなものと
考えるていどにとどめておく方が良いかと思います。



このため5年後、10年後の未来の自分に託す形で資産計画を
組み、それに合わせて選択するのがよいかと思います。


【格安手数料】 個人向け国債はSBI証券におまかせ!



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合
も、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 個人向け国債

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。