スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





借換債としての役割


国債は、債券市場において利回りを基準に売買されています。国債の価格が
上がると利回りは下がり、価格が下がると利回りが上昇します。


長期金利が低い状態にいるというのは、国債の価格が高い状態にいることに
もなり、それは物価景気見通しといったものの大きな要因です。


しかし、裏を返せば、それだけ国債の買い手がいることになります。


これだけ、多くの買い手が存在するにはそれなりの理由があります。


まず、国債は最も安全なものとして、資産運用のプロである機関投資家から
認識されていることからも、国債は安全性の高い金融商品と認識出来ます。


そして、国債には他にも色々な種類がございます。


建設国債や、赤字国債といったものがそれにあたりますが、いまではこれら
をまとめて新規財源債ともよばれ、また一般的には新規国債という表現が
なされています。


しかしながら、個人向け国債はこれらには当てはまりません。


どういう種類に分類されるかといいますと、建設国債や赤字国債が60年償還
ルールに基づいてい発行されている事で、他に償還債という名前の国債が
発行されています。


例えば10年の建設国債が発行されたとすれば10年ごにはそのうちの6分の1
のみ償還されます。残りの6分の5は新たな国債が発行されているのです。


それが借換債で、個人向け国債はこの借換債として発行されています。


投資に関する情報満載のサイトはこちら

政治・経済が一目で分かるニュースサイトはこちら








※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合も、利用者 の損害に
つきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください。

個人向け国債が分る!個人向け国債入門トップへ





さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。