スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





バブルの二の舞



【個人向け国債が分る資産運用入門】


今現在、日本経済が概ね好調であることから一部ではカネ余り状態に
あるとささやかれております。



事実、大手のみならず中小金融機関も様々な金融商品に手を出しており、
サブプライム絡みの商品もその中に含まれているといわれています。



こうしたことから、米サブプライム問題による金融市場の信用不安に
対して国内の金融機関は神経をすり減らす状態にあると思ます。



そして、これまでの地銀の不良債権比率は地方景気の低迷を映している
ことから、平均で依然4%と高めの水準にあります。



繰り返しになりますが、米サブプライムローンへの投資に焦げ付きが出た
場合のダメージはかなりのものになると思います。



数年前は地銀・第二地銀・信金などの再編が加速するといわれながらも、
景気回復でいつの間にかなくなってしまったようです。



しかし、今後サブプライム問題の行方次第では再び再編の動きが再加速
してくる可能性もあるように思われます。



金利変動により、国債や社債などの債券にも大きく影響しますので、
こうした動きを常に注視する必要がございます。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※個人向け国債への投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

個人向け国債へ 投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示
情報をご確認ください。 個人向け国債に関する文章の誤字、誤配信を
含め、いかなる場合も、責任を負いませんのでご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。