スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





固定金利と変動金利の仕組みについて


今回は、個人向け国債とは切っても切れない金利の仕組みいついてです。基本的に金利には固定金利
と変動金利の二つに分かれていますが、この二つの特徴について解説させて頂きます。


例えば、もし、これから住宅ローンを利用して住宅を購入するのであれば、多くの方が何に対して注意を
払うかといえばが「金利がどれくらいなのか?」ではないでしょうか。


金利が変動することによって支払う金額が異なるわけですから当然のことです。ですので、こうした金利
の特性を理解することによって、住宅ローン利用するさいに選びやすくなります。


ご存知かとは思いますが、金利には固定金利と変動金利の2種類があり、それぞれの特色として、金利
が固定か、変動するかの違いがあり、具体的な特色は以下の通りです。




【 固定金利 】


(特徴) 

返済期間中において設定された金利は一定で、変ることはない。



(利用ポイント)

将来、金利が上がると予想される時に利用します。



(メリット)

長期にわたって支払額に計画性が持たせることが容易であるためライフプランがたてやすい。



(デメリット)

将来、金利が下がると、その分だけ損します。





【 変動金利 】


(特徴)

返済期間中,金融状況に合わせ,金利が変動する。



(利用ポイント)

今後,金利が下がると予想される時に選択する。



(デメリット)

金利が変動することによって、当然のことながら支払額が上下します。



金利によって得られる結果がが異なりますので、ライフプランをたてるさいには常に余裕をもたせる必要
があります。上述した金利の違いについて考えると個人向け国債への投資もより身近になると思います。





テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 金利

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。