スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





格付けは意味がない?


日本政府の巨額な債務残高に加えて、ムーディーズなど海外格付け機関
よる日本国債格下げなどをきっかけに、日本の国債は安全ではなのでは
ないかとの見方も一時強まりました。


しかし、だかといって、日本の国債が債券市場において暴落するような事は
ありませんでした。


主な理由として、日本の国債の多くは日本国内の投資家が買っているためです。


日本国債の外国人投資家による保有比率は、わずかに5%程度です。


ですので、日本国債が格下げされたからといって日本国内の投資家が日本国債
から海外債券に乗り換えるようなことは可能性としては非常に低くいです。


国内の金融商品に投資すれば、為替リスクなどもないので、べつに海外格付け
機関からの格下げが実施されようと、日本国政府が発行している国債がもっと
も信用度が高い金融商品となっているからです。


銀行の安全性を図るのに、BIS規制というものがございます。


それを計算する際に、銀行の保有している金融商品にはそれぞれの安全性を
図るための基準でリスクウェートというものがございます。


国債は、この預貯金と同様にこのリスクウェートは0%とされています。


また国内の投資家が日本の国債を保有しているということは、我々が銀行
郵便局に預けているお金や、生命保険年金資金のかなりの部分が日本の
国債に充てられています。


私達みずからが間接的ながら大量の国債を買っている事になります。

なので国債は安全かどうかと疑心暗鬼に思われるようでは駄目なのです。


投資に関する情報満載のサイトはこちら

政治・経済が一目で分かるニュースサイトはこちら








※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合も、利用者 の損害に
つきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください。

個人向け国債が分る!個人向け国債入門トップへ





さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。