スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





国債の償還に特別会計積立金から10兆円


【個人向け国債が分る資産運用入門】


毎日新聞の記事によりますと、これまで国債を発行して調達した
資金などを管理する財政融資資金特別会計の積立金から、08年
度に10兆円程度を国債の償還に充てる方針を固めたもようです。



政府は財政健全化を目的に、07年3月に成立した特別会計法で、
特別会計の剰余金を一般会計に繰り入れたり、積立金の一部を
国債償還に充てることができる制度を設けました。



そして、法制化初年度にあたる08年度は、財融特会の積立金を
活用し、増大する国債残高を圧縮するもようです。



また、特別会計の積立金に関しまして、必要な積立額を上回る
余剰分が活用されていないことを指摘されました。



これを受けて町村信孝官房長官は会見の席で国の借金は500兆
円をすでに超えていることを明かにしました。



今現在、取り崩しが検討されるのは、財融特会の中で金利変動
準備金と呼ばれる積立金です。



金利変動準備金は国が発行した国際の金利変動リスクに備える
もので、資産の10%を積み立てます。



財務省は、今後は財投債の発行が減少することが見込まれてい
ることから、国際の金利変動リスクはかなり減少すると見込んで
いることから、必要な準備率を新たに検討するようです。



毎年12月が償還が一番多い時期であり、また、この時期に色々
な問題が政府間に検討されます。



新聞の記事を読んでも、あまり危機感を感じなかったのですが、
それが償還に充てる資金に余裕があるからなのか?。



それとも、実体を把握しきれていないからなのか?真意の程は
からかわかりませんが、とにかく、国債への投資にかんして、
デフォルトリスクを心配する必要は今のところなさそうです。



応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合
も、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





テーマ : ファイナンス
ジャンル : ファイナンス

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。