スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





資産運用の目的を明確にする



テレビのコマーシャルではありませんが、保険が万一のため
に備えて行なわれるのであれば、貯蓄・投資などの資産運用
は、将来の生活のために行なわれます。



そして、多くの方々が、老後の生活のために資産運用を行な
っているわけですが、今現在、生活設計のために無駄な保険
料よりも貯蓄・投資に回そうとする動きが高まっています。


資産運用を行なうにあたり一番重要なのが目的です。


なぜなら、明確な目的がないために独身にも関わらず貯蓄の
つもりで、生命保険に加入したり、必要のない商品を購入し、
無駄な保険料を支払うことになってしまうからです。



資産運用も同様で、具体的に将来的にいくらくらい必要にな
るのかということを予測し、そこから逆算して貯蓄に回したり、
投資に回したりする必要があります。



資産運用を行なう上でしっかりとした目的がないと、意味も
なく高利回りが得られる商品を購入し、逆に損失を被るなん
てことにもなりかねませんので、十分注意が必要です。


目的が決まれば、資産を分割して、投資に回します。


一つの金融商品に全てを投入してはなりません。


万が一の時に身動きがとれなくなり、最悪の場合は、大事
な資産を大きく減らすことになりますので、必ず時期をずら
すなり、他商品に分散して投資することを心がけてください。



今現在、世界中の金融市場が信用伸縮不安から大きく低迷
しております。今だに出口が見えてこない状態が続いており、
国内の株式市場は連日のように乱高下を繰り返しています。



特に株式投資のようなリスクの高い商品への資金投入する
動きが控えられ、その代りに世界中の債券市場にシフトされ
ております。このため、長期金利が大きく低迷してます。



こうした時期には、積極的に投資するようりも、しっかりと
市場の動向を見極めるために静観する必要があります。



常に、投資しなければならないというルールはないのですか
ら、投資目的に市場全体が合わない場合は、勇気を持って、
積極的な投資は見送るべきだと思います。

<PR>
資産運用のことなら松井証券へ




※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合
も、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





テーマ : ファイナンス
ジャンル : ファイナンス

tag : 生活設計

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。