スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





個人向け国債、1月債販売額は最低水準


【個人向け国債が分る資産運用入門】



個人向け国債の08年1月債が財務省により発行されたのです
が、昨年、サブプライムローン問題により金融市場が信用不安
から大きく揺さぶられこのため長期金利が大幅に下落しました。



こうした点が嫌気されることとなり、販売額は前回07年10月債
と比較すると42.7%も下落することとなっております。



読売新聞の記事によりますと2種類ある個人向け国債のうち固定
金利型5年満期が4196億円、また、変動金利型10年満期が131
6億円の計約5511億円となっております。


これにより06年1月債以来の最低水準に達しております。


こうしたことから、07年度の個人向け国債の発行額は4兆6617億
円まで圧縮されることになっております。



国債発行計画に盛り込まれた予定額である6兆3300億円を下回
ることとなり、これは2003年に誕生以来初のことだそうです。



くり返しになりますが、長期金利の低下によって、1月債の適用
利率が固定金利型で年0.94%となっており、前回の1.15%から
大きく低下することとなりました。



一方の変動金利型が年0.68%に低下しているので、預貯金の
利回りに限りなく近づいております。



今後も、金融市場にて混乱が続くことが予想されていますので、
長期金利の低下も継続することとなりそうです。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合
も、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





テーマ : ファイナンス
ジャンル : ファイナンス

tag : 金融市場 長期金利

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。