スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





生活設計 をたてて 資産運用 する

米国市場にて金融不安が再び大きく拡大しそうな状況にあるため、
当分の間は個人向け国債にとって厳しい状況が続きそうです。



そんな中、より自己責任が問われる社会となっているため、より
一層資産運用が重要視される時代となっています。



人によっては、資産運用や生活設計を重要視されない方も少なく
ないわけですが、資産運用は今すぐに行なわなくても良いかと思
いますが、生活設計は絶対に行なうべきだと思います。


目的地が決まっていないで旅に出る人はいないと思います。


目的地に合せて、色々と準備をしたり、必要なものを取り揃えた
りすることで、旅がいいものにも悪いものにもなるわけです。



もちろん、事業が成功し、人がうらやむような高収入を得ている
ような方や、莫大な資産を相続した方々は、何も考えなくても、
収入の範囲内で生活できるので必要ないかもしれません。



しかし、多くの人は、やりくりしながら、住宅のローンを支払ったり、
子供の教育費を捻出しながら老後への備えもおこなわなけ
ればならないので生活設計が必要です。



20年前、日本経済が大きな上昇カーブを描いていたころであれば
毎年確実に給料も増えつづけ、終身雇用が当たり前の時代でした。


その当時の公的年金だけで老後は保証されていましたし、定期預
金や保険の利回りは今とは比較にならないほど高く、土地神話が
まだ通用していたので、土地は上昇し続けました。



この時代と同じ感覚で、若い世代の方々が生活を何も考えずに行
なっていたら家計は数年で間違いなく破綻します。


なぜなら今では上述したことが全て不確実になっているからです。


企業寿命が今後10年と20年前の3分の1になると予想されてます。


東証1部に上場している企業ですら倒産する時代です。雇用ウン
ヌンよりも、勤めている会社がずっと存在し続けることが難しい
時代にあるので、自分自身で生活設計をする必要があります。


【格安手数料】 個人向け国債はSBI証券におまかせ!



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合
も、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

個人向け国債が分る資産運用入門トップへ





テーマ : ファイナンス
ジャンル : ファイナンス

tag : 東証一部 生活設計

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。