スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





個人向け国債を購入する方法について


個人向け国債を実際に購入するに当たって、どのような手続きを行えばよいのか、それほど身の回りに
情報があるわけではないので、色々と迷われると思います。 個人向け国債を発行している財務省の
ホームページをご覧いただければ、個人向け国債の募集時期が案内されています。


実際に募集が開始される前後に新聞などに広告が掲載されるので、 その時に最寄の銀行や郵便局、
証券会社などの金融機関に問い合わせることをおススメします。


通常、個人向け国債を購入するにあたり、ほとんどの金融機関で、まず最初に口座を開設しなければ
なりません。 口座開設に必要なものとして、印鑑や顔写真が入った本人確認書類(運転免許書、パス
ポート)などがあります。 銀行の場合は、債券用の取引口座を開設する必要があります。


また、金融機関よっては郵送での手続きも承っています。 郵送の場合ですと申込書を金融機関に送付
してから土日や祝日を除いた3~4営業日後に口座開設が完了します。


そして、手続きが完了しますと郵送にて口座開設完了の案内が送付されます。 直接金融機関の窓口で
口座開設の手続きを行えば当日に完了しますが、日中は仕事で忙しいため、直接窓口に足を運ぶこと
ができない方は、多少手間がかかりますが、郵送で口座開設の手続きを行うことをおすすめします。


また購入者の年齢制限は特にないのですが未成年者の場合は親権者の同意が必要となります。 この
場合、2度手間を避けるためにも、事前に金融機関に直接問い合わせたうえで確認すべきです。


すでに購入するための口座を開設していますので、募集期間がきたら口座を開設した金融機関で購入
することができます。 金融機関によっては、インターネットでの注文を承っているところもあり、この場合、
自宅で好きな時に注文をだすことができますので、非常に便利です。





テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : 個人向け国債

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。