スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





購入して放置することの危険な理由


個人向け国債は金融商品の一つですので、預貯金とは異なり立派な
資産運用です。ですので、個人向け国債を購入した後には何もしなく
てよいというわけにはいきません。



景気や経済動向によって金利が変動すると個人向け国債の利回りに
対して影響がでますので、注意する必要があります。



もっとも、個人向け国債の場合は10年変動タイプで1年、一方の5年
固定タイプで2年間は中途解約が認められません。



ですので、個人向け国債を購入するのであれば、景気が低迷し金利
が下がる可能性が高い局面で購入するべきなのです。



そして、万が一景気が急速に回復し、一年で数パーセントも金利が
上昇する局面では解約すべきです。



理由としては、預貯金金利が個人向け国債を大幅に上回ってしまう
ので、個人向け国債の価値がが大きく低下するからです。



日本経済の現状を考えれば急速に上昇することは考えにくいですが、
可能性がゼロというわけではありません。そういう可能性もあるので
そうした事態にも備える必要があります。



景気や経済動向により敏感になることによって、実際に毎日見ている
ニュースや新聞の見方が変わります。そうすると次第に日経平均株
価や、為替の状況に関しても興味が沸いてくるようになります。



こうなればしめたもので、個人向け国債に固執することなく、運用効
率の高い資産運用ができるようになります。





テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

さらに詳しく調べる


 検索例  
個人向け国債 資産運用などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

個人向け国債 国債 資産運用 金利 財務省 長期金利 債券 金融商品 生活設計 投資 年金 投資信託 個人向け社債 普通預金 住宅ローン 利回り 利率引き上げ 7月発行分 主婦 時給 金融市場 東証一部 満期償還 5年固定タイプ 赤字国債 10年変動タイプ 安全 貯蓄 家計 お金 金融資産 地方債 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。